総資産約15兆円!世界一の資産家アマゾンのジェフ・ベゾスCEOが離婚へ

今回は、笑ってしまうくらい凄い規模の離婚話を紹介したいと思います!
アメリカのインターネット通販アマゾン・ドッド・コム創設者である、ジェフ・ベゾスCEO(54歳)が離婚を発表!その莫大な資産をどう分けられるのか注目が集まっているんです。

ジェフ・ベゾス氏の資産は、アメリカの経済誌「フォーブス」の発表によると、世界の富豪ランキングでマイクロソフトの創業者ビル・ゲイツを抑え世界一の大富豪になりました。

そのジェフ・ベゾスCEO氏がツイッターで、「愛にあふれる長い期間と試験的な別居の後、私たちは離婚し今後は友人として人生を分かち合うことにした。」と発表しました。

離婚する夫人との出会いはアマゾン設立前、ジェフ・ベゾス氏が働くヘッジファンドに、後に妻となるマッケンジーさんが来たことで交際がはじまります。

そして、1993年に結婚。

翌年の1994年に、お互いヘッジファンドを退職し、アメリカシアトルでアマゾンを設立します。

実は、アマゾンの設立を強く押したのが夫人のマッケンジーさんと言われており、いいかえれば、夫人の押しがなければアマゾンの設立は無かったのでは・・・とまで言われています。

結婚生活は25年、その間お互いにアマゾンを大きくしてきたわけですが、気になるのが離婚の原因でえすが、ここはやはり当たり前の女性です。

ジェフ・ベゾス氏には、元ロサンゼルスのテレビキャスターのローレン・サンチェスとい女性とお付き合いをしていることがわかり、いわゆる不倫が原因。

しかも、相手のローレン・サンチェスさんも結婚しているのでW不倫なんです。この2人の不倫は8か月も続いていると言われています。

夫の不倫が原因で離婚になると、財産分与をどのようにわけるのか注目されているんですが、どうでもいいと言えば、どうでもいいことですね。