鳥人間コンテストで史上初となる最長飛行距離40キロ達成!

番組開始からもう40年の時が過ぎた鳥人間コンテストですが、

今年2017年に、東京大学出身のサラリーマン・渡邊悠太さんが、

番組史上最長飛行距離となる40キロを達成して話題になっていますね。

今回、鳥人間コンテスト「人力プロペラ機ディスタンス部門」に出場し、

渡邊悠太さんは、最長飛行距離40キロを達成しました!

「BIRDMAN HOUSE 伊賀」に所属する渡邊悠太さんは、

9年前に「東京大学F-tec」というチームに所属し、

パイロットとして鳥人間コンテスト出場を夢見ていました。

ところが、不運にも書類選考の段階で落選してしまい、

鳥人間コンテスト出場の夢が絶たれたそうです。

それから8年後の2016年になって、会社の仲間のサポートもあり、

8年越しでようやく鳥人間コンテスト出場の夢が叶ったんです。

その時は、初出場ながら3位という素晴らしい成績を収めましたが、

おそらく、17.854キロという飛距離に納得はしていなかったでしょう。

そして、迎えた2017年の鳥人間コンテスト。

重量を2キロ軽くするなど、機体は昨年よりもブラッシュアップされ、

加えて、寝る間を惜しんでトレーニングを積んだ渡邊悠太さんは、

さらなる体力強化にも成功して大会に臨んでいました。

その甲斐あってか、20キロの押し返しポイントを超えても、

全然体力に余裕があったと飛行後に話しており、

鳥人間コンテスト史上初となる最長飛行距離40キロ達成したんです。

もう見ているこちらがものスゴく感動しちゃいました。

だって、飛行した時間が1時間38分20秒ということは、

約100分間も漕ぎ続けていたことになりますからね。

私だったら、絶対いに無理だなって思いました。

渡邊悠太さんの最長飛行距離40キロという数字は、

彼の鳥人間コンテストへの情熱や執念が成し遂げた記録です。

来年も渡邊悠太さんは、同じ部門にチャレンジするのでしょうか。

それとも、新たに「滑空機部門」にチャレンジするのでしょうか。

彼の勇姿がまた来年の鳥人間コンテストで見られるか注目です。