離婚を考えている男性の悩み

離婚問題において男性の方から離婚をしたくて話を切り出すケースがあると思います。

奥さんの方に非がある場合もあるかもしれないし、男性の方に非があるかもしれません。

しかしながら、いかなる理由があろうとも、男性の方から離婚するのは難しいような気がしまえか。

だいぶ前に、有名人では高島政信さんと美元の離婚は裁判にまで行きました。

例え、旦那さんに全く非がなく、女性に日があっても日本では、男性が離婚したくても難しいのが現状なのだろうか。

男性が離婚したいと思う理由は様々です。

例えば、奥さんが家事や子育てを全然しなかったり、他の男性と浮気をしていたり

または、旦那さん自身が他の女性と浮気をしてしまったり、なかなか家庭を省みないなどの理由があります。

このような理由で男性が離婚したいと思うわけですが、どんな理由であれ男性から離婚しにくいのが今の日本の現状なのです。

女性が“NO!”を突きつければ離婚できないなんて男性側からしてみれば、全然納得できない話かもしれません。

なぜ、男性の意思では離婚できないかというと、そもそも日本の法律自体に問題があるからなのです。

実は、今の日本の法律では女性寄りの法律になっていて、必然的に男性よりも女性の方が有利に話し合いが進められていきます。

女性は男性とは違って、仕事に就いていない方も多く、一人では経済的に生活が困難な社会的弱者です。

そういうわけで、日本の法律では、女性の立場を考慮してできるだけ離婚しない方向で話し合いが進められてしまうのです。

いくら納得いかなくても、男性の方が不利な立場になりやすいのです。