悩みがあったら思い切って親に相談してみよう!

『ホンマでっか!?TV』で、面白いテーマを放送していました。

皆さんは悩み事はを両親に相談しますか?

私もそうですが、多くの人が、両親に相談すると心配をかけてしまうので親には相談をしない。と言う人が多いのではないかと思います。

しかし、心理学の植木理恵先生の話によると、心理学的には親に相談したほうが親は心配しないそうです。

自分の子供が悲しかったり、辛かったりしていると、親は小さいころから自分の子供のことを良く見ているので、悩みがあると子供の雰囲気で分かってしまうそうです。

しかし、何が原因で悩んでいるのか、その原因だけが親は分からないのでかえって心配して辛くなってしまうそうです。そのため、言葉にして悩みを相談した方が悩みの原因が分かるので親は心配しないそうです。

また、親に相談しない人は他人に相談する事が多いかと思いますが、他人に相談すると、その場しのぎのことを言う場合が多い。

ですが、親兄弟はその場しのぎのことではなく、その子のためになって親身になって解決方法を考えてくれるので、親を心配させたくないと思うなら相談した方が当人も親も得だと植木先生は言っていました。

印象的にも親には相談した方が得だと重太みゆき先生。理由は2つあって、一つは悩みを話しているときの顔が困った顔をしているので、その話を聞いた親は、助けてあげたいと感じ愛されやすいそうです。

また、親は頼りにされたいと言う思いが強く相談されると活躍できていると言う気持ちに親がなれると話していました。

脳科学的にも親にした方が良いと澤口先生。「なぜ、お父さん、お母さんがいるか」が最も大切なポイントで、両親は悩み相談のためにいるんだと澤口先生は話します。

おばあちゃんがいるのは孫の世話の為、父親は子供の相談役のために長生きしていると言うデータもあり、目的を持つことで7年間も長生きでき、さらに、認知症の予防にも家族との会話が一番良いと言われているそうです。

今度、悩みがあったら親の相談してみて、親のリアクションを見てみるのもいいかもしれませんね。